インターミッテント・ファスティング初心者入門

ファスティング

1日に3〜6回食事をとり、さらに間食まで食べるという食事法が推奨されていた時期があったのも、それほど昔のことではありません。

その後数十年ほど経って、最近になるとファスティング(断食)がよく推奨されるようになってきました。

これにはとても納得のいく理由があります。食事を1回とばすだけでも、体が脂肪を燃焼する状態に入り、健康にもいいということを示す質の高い論文が今までにたくさん公開されています。

今回はそんな数あるファスティングの中でもインターミッテント・ファスティングをご紹介します。

ところでインターミッテント・ファスティングってなに?

まずはインターミッテント・ファスティングとはなんなのか?という所からご紹介!
どんなものなのかを知れば、すんなりと始めやすく

インターミッテント・ファスティングとは

インターミッテント・ファスティングとは食事の量をそのままに頻度を少なくすることで、この体の代謝構造を変えるテクニックです。

食事回数をわざと制限すると、体が食べ物を消化し、細胞を修復し、ホルモン量をいい状態にするための時間ができます。

さらに疲労や間食、体重減少などにつながり、エネルギーもたくさん消費してしまう血糖値の急降下を防ぐことができます。
自然に健康を改善する方法はたくさんありますが、その中でもインターミッテント・ファスティングはとても効果的で、コストパフォーマンスもいい選択肢の一つです。

インターミッテント・ファスティング種類

インターミッテント・ファスティングにはたくさんの種類があります。

主な違いはもちろん、食事の間にあける時間の長さです。ここに5種類を挙げます。

12時間メソッド

これは断食時間のほとんどが睡眠時間に当てられるため、とても人気のメソッドで、初心者向けでもあります。

例えば午後7時に1日の最後の食事を終え、次の食事を午前7時にとるなどです。
これだけの断食時間でも十分な効能を得ることができます。

・16/8メソッド

12時間と同様に最も人気のメソッドの1つです。この方法では通常、午後の食事を8時までに終わらせます。
そして次の日の朝食を抜かし、正午まで何も食べないようにします。

・5:2メソッド

このメソッドでは週に1回、2日で合計500~600カロリーしか消費しない期間作り、その他の5日間は普通に食事をとります。

・1日1食メソッド

このメソッドでは23時間連続で断食を行い、1日1回、1時間をかけて量の多い食事を食べます。

・隔日断食メソッド

隔日ごとに断食を行います。

初心者にも分るインターミッテント・ファスティングの方法

インターミッテント・ファスティングと言っても、やり方は色々あります。
その中でも今回は2つに絞ってご紹介します。

24時間以内の方法

インターミッテントファスティングはとてもフレキシブルなダイエット法です。

数日間の長いファストから、短めのファストまで、ファスティングの期間は自分で自由に決めることができます。

ただ、4~5日以上の長いファストの場合は医師による医療監督が必要になることもあります。

ここでは北米で人気のインターミッテントファスティングのやり方を解説していきます。

基本的には、短めのファストを行う場合は、より頻繁に行うことになります。

24時間以上の方法

24時間以上のインターミッテントファスティングのやり方では例えば夕食から次の夕食まで、または昼食から次の日の昼食まで24時間以上ファスティングを行います。

今日夕食を食べたとしたら、明日は朝食と昼食を抜いて、今日と同じ時間に夕食をとるという方法です。

この方法の場合、数日間にわたるファスティングとは違い、毎日食事を摂ることができます。
この方法を行う場合は、週に2回から3回を目安に行うと良いです。

ハリウッドで流行中!「断続的な断食」を実践するセレブ4人

セレブの間でも流行中なのが「インターミッテントファスティング」です。
ここでは、実際に撮影前などに実行し、ユーザーになっている4人をご紹介します。

ジェニファー・アニストン

ボクシングやヨガといったエクササイズを続けているジェニファーは、1日に16時間ほど断食しているんだそうです。
彼女は毎朝9時に起床し、朝は固形物は基本的に摂らず、グリーンジュースやコーヒーなどを朝食にするんだそう。

本人コメント「固形物を16時間摂らないことで、身体の調子がすごく良くなったの」と満足しているようです。

クリス・ヘムズワース

アベンジャーズのソー役でお馴染みの俳優クリス・ヘムズワースは、正午から20時までを食事して良い時間帯に決めています。

本人コメント「物凄く元気になるんだ。始めてから最初の2~3週間のショックを乗り越えさえすればね。摂取するカロリーは減っているはずなのに空腹を感じなくなったよ」

クリス・プラット

役作りのためにダイエットをすることが多い俳優のクリス・プラット。
彼は昨年映画の撮影した時にインターミッテント・ファスティングに取り組み、ファンにオススメしていたことあったそうです。

彼の場合は、断食中のコーヒーはブラックに限っていて、ミルク入りはそれ以外の時間で飲むんだだそうです。

本人コメント「正午までは何も食べないようにしていて、有酸素運動は午前中で終わらせているよ。インターミッテント・ファスティングについて調べてみることをオススメするよ。僕自身は、この方法で減量できたよ」

ヴァネッサ・ハジェンズ

健康オタクとして知られるヴァネッサは、様々な健康法を試した中でも「インターミッテント・ファスティングが私には合ってる」と、お気に入りの様子。

彼女は主に正午から18時までの間に食事をし、残り18時間は断食をしているそうです。

本人コメント「インターミッテント・ファスティングは、結構な頻度でしているわ。私はパスタやピザが大好きで、炭水化物を食べていないと心の一部が死んじゃうの…。

でも、一時的な断食をしている間はワークアウト中もいつも以上にパワフルになるのよ。最初の2週間くらいはきついんだけどね。で、必要な栄養素や、好きな食べ物は、断食をしていない残りの時間で食べるのよ」

ハリウッドセレブが何故、素晴らしい肉体を作れるのかこれでわかる気がします。

まとめ

インターミッテント・ファスティングは無理なく行うことが重要になってきます。

身体を壊してしまったら元も子もないので、自分の身体と相談をし、行うことが大事だと思います。