頭が痛い方必見!ファスティングによる頭痛の4つの対処方法

ファスティング

ファスティングで頭痛が起きて困っている方はいらっしゃいませんか?

原因をネットで探すと、「好転反応」「デトックス」など書かれた記事がいくつか見られますが、本当に実情はそうでしょうか?

ファスティング頭痛の対処法や「好転反応」の真否についてご紹介します。

ファスティングによる頭痛が起こった時の4つの対処法

ファスティング中に起こってしまう頭痛と、起こってしまったときにの対処法について詳しくみていきます。

ではどのような症状があるのかを見ていきましょう!

早いとファスティング開始の1日目から頭痛を感じる方もいるようです。
ファスティングの頭痛は緊張型頭痛という頭が締め付けられる感じのものが多く、ファスティング期間に比例して発生する可能性が増加すると考えられます。

痛みの程度には個人差がありますが、強い頭痛を感じたという実践者も少なくありません。
もし強い頭痛を感じるような場合には、一時的なものでなく他の疾病である可能性もあるため、医師の診察を受けたほうがよいでしょう。

頭痛が続くような場合は頭痛薬を飲んでも問題ありませんが、断食期間中は胃が空っぽの状態なので、頭痛薬の服用は胃に負担をかけてしまうことになります。

頭痛が続いていて頭痛薬を飲む場合には、ファスティングを中断して少量の食事をとり、そのうえで頭痛薬を飲むようにしましょう。

頭痛の他、倦怠感や眠気、吐き気や下痢などの症状を感じる方もいます。
日頃の食生活や栄養バランスが乱れている方に、特に強い症状が出やすいとも考えらえています。

水分を沢山摂る

まず、一番大事なことですが、水分をこまめにとることを忘れないことです。
沢山、摂ることにより身体の浄化をさらに促します。

こんぶ茶で少量の塩分を摂る

こんぶ茶で手早く塩分を摂る。プラス身体にも良いので一石二鳥です。
ファスティングの際でもこんぶ茶は大活躍しますので、ご活用ください。

酵素ドリンクを多めに摂る

普段、ファスティングの際に飲まれる酵素ドリンクの規定量より少し多めに摂りましょう。

飴をなめる(ブドウ糖があるもの。白砂糖やカロリーOFFは避ける)

飴の種類にもよりますがブドウ糖があるものでしたら、大丈夫です。
飴ならば通勤中でも出来ますので、少し頭が痛いと感じたら試してみても良いと思います。

こちらを試して頂いても、耐え難いほどの頭痛がある場合は、一度ファスティングを中断して下さい。
薬に頼りたくなってしまいがちですが、市販の頭痛薬などは、胃に何も入っていない状態の為負担がかかってしまう為、服用しない方が良いです。

ファスティング中に頭痛は起こったら、参考にしてみて下さい。

ファスティングと頭痛の関係性

頭痛がなぜ起きてしまうのか、ファスティングとの関係性から見ていきましょう!

ファスティングをすると頭痛が起きる

ファスティングを行うと、断食期間中に気分や身体の不調を感じる方もいます。

主な症状として「強い空腹感や飢え」や「頭痛」などが挙げられます。

感じ方や症状には個人差がありますが、他にも倦怠感/疲れ、口渇、空腹感、イライラなどを感じるという方もいるそうです。

体に良いよ思っていたファスティングですが、なぜこのような症状が出てしまうのでしょうか?

ファスティング中に「頭痛」が起こってしまう原因はよくわかっていませんが、断食をしたことによる水分不足、低血糖、日頃コーヒーなどをよく飲んでいる方はカフェインの離脱症状などが謳われています。

ファスティング中の頭痛の原因は諸説あります。

ファスティングと頭痛の関係は、未だ科学的・医学的に証明された研究結果などがないためまだよくわかっていませんが、ファスティングは頭痛を引き起こす可能性があります。

ファスティング中に頭痛や倦怠感が現れた場合、その症状が「好転反応」であると聞いたことがあるかもしれません。

「好転反応」と聞くと体によいことなのかもしれないと感じる方もいるかもしれませんが、現在のところ「好転反応」についても、科学的・医学的な根拠はありません。
そのため、頭痛などの症状が出た場合にはいったんファスティングを中断し、飲み物を飲むなどして様子を見ることが大切です。

「好転反応」という言葉は医学用語辞典などにも記載がなく、健康食品などの業者が商品の利用を継続させるためのセールストークなどで使用されることもあります。

「好転反応」という言葉には医学的・科学的根拠はないため、鵜呑みにして症状を放置してファスティングを継続するようなことがないようにしましょう。

頭痛を起こさない安全なファスティングとは

ファスティング中の頭痛をできるだけ起こさないためには、どのような対策を取ったら良いのでしょうか?快適にファスティングを継続するために、以下のことに注目してみてください。

①まずは短期間のファスティングから

まず1つめのポイントは、短期間のファスティングから実践することです。

ダイエット・減量目的でファスティングに挑戦する方の中には、長期間のファスティングを実践して、できるだけ早く結果を出したいと考えている方も多いかもしれません。

しかし、長期間のファスティングとなると、その分体への負担も大きいため、頭痛、倦怠感、吐き気などが強く出てしまう可能性も高まります。

ファスティング初心者の方は、半日~2日間ほどの短期間ファスティングからスタートしてみることがおすすめです。

基本的に、長期間のファスティングを行う際には専門家からの指示を受けたうえで、モニタリングをしてもらいながらすすめていくことが必要になってきます。

長期間のファスティングは、体に思わぬ不調や変調を来たしてしまうリスクが大きくなっています。

専門家からの指示やモニタリングを行ってもらうことは、ファスティング中の体調不良を防ぐためにも役立ちます。

ファスティング前の準備期間の食事は、消化の良いものを選択するようにし、野菜中心の生活を心がけるようにしてください。

頭痛や不調があるような場合はいったんファスティングを中断し、飲み物を飲むなどして体調を落ち着かせることが重要になります。

それでも体調がすぐれない場合は、無理せず医師の診断を受けるようにしましょう。

できるだけ体に負担をかけすぎないよう、無理のないファスティングに挑戦してみてくださいね。

やはりファスティングはどうしても身体への負荷をかけてしまうことはあります。
いかに安全で無理なく危険のない、ファスティングを行うことが第一関門でもあります。

まとめ

如何でしたか?ファスティングはどうしても普段と違う、ルーティーンを身体に覚えさせなければなりません。そうなるとまだそのルーティーンに慣れてない体は異常きたしてしまします。それは「頭痛」だけでもありません。

必ず、塩分を摂るなど身近に出来ることは行い。楽しいファスティングライフを送ってください。